高病原性鳥インフル、独東部で野鳥から検出

独東部ブランデンブルク州で野鳥から高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出された。家きんには感染例は見つかっていない。食料・農業省の声明を元に、ロイター通信が20日伝えた。 同州の保健・消費者保護省によると、ポーランド国境に近いシュプレーナイセ(Spree-Neisse)郡…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

決済SIBS、独社のルーマニア事業を取得(09/30)

独、コロナ規制強化を検討 パーティーや酒類販売に制限(09/30)

インフレ率、9月はマイナス0.2%(09/30)

DIYホルンバッハ、ルーマニアに新店舗(09/30)

ウーバー、ダイムラーとBMWの合弁取得も(09/30)

JALなど、ボロコプターの日本進出を支援(09/30)

VWとウーバー、独で中古EVを試験運用(09/30)

配車カリーム、ベルリンなどで100人雇用へ(09/30)

メルセデス、台湾に物流センター建設(09/30)

ボンバルディア、ブルガリアに現地法人設立(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン