• 印刷する

GDPR罰金額が1億ユーロに 違反件数で最多はオランダ

欧州連合(EU)の「一般データ保護規則」(GDPR)に違反した企業や団体に対する罰金総額が、GDPRが施行された2018年5月以降、1億1,400万ユーロに上っている。英国や米国などを拠点とする法律事務所ディーエルエイ・パイパーが20日、調査結果を発表した。

報告書などによると、罰金総額がEU加盟国の中で最も大きかったのはフランスの5,100万ユーロ。次いでドイツが2,450万ユーロ、オーストリアが1,800万ユーロだった。1件における最大の罰金額は、フランスの規制当局が米インターネット検索エンジン大手グーグルに対して「データの扱いが透明性に欠け、利用者への説明が不適切」として科した5,000万ユーロだった。違反件数ではオランダが4万647件と最も多く、ドイツが3万7,636件、英国が2万2,181件と続いた。

GDPRは機密性の高い個人情報を保護するために導入され、企業が顧客情報を失ったり、不適切に処理したりした場合などに適用される。EU加盟各国の規制当局がそれぞれ管轄しており、原則として、事業全体での年間売上高の最大4%の罰金を科すことができる。

同事務所の調査に携わったロス・マッキーン氏は「各国の規制当局は、重い罰金が法廷で認められるかどうかを慎重に判断すべき。裁判で敗訴した場合、信頼を失うことになる。時間はかかるが、今後判例が作られるにつれ、罰金は増える可能性が高いだろう」と述べた。

GDPRに関わる過去最高の罰金額は、英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)による50万人の顧客データ流出に対するもので、1億8,300万ポンドが提案されたが、最終決定していないため今回の報告書には含まれていない。[EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

半導体研究imec、25億ユーロの投資確保(05/22)

ポーランド、EV購入に大規模助成=中古も(05/22)

EU、AI規制法案を最終承認=26年に適用(05/22)

ブルガリア社、ガス設備拡張で2団体選定(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

ICC、イスラエル首相ら5人に逮捕状(05/22)

独貨物鉄道の国家補助、欧州委が承認(05/22)

三井住友FL、エアバス製ヘリ16機購入契約(05/22)

ユーロ圏貿易収支、3月は黒字拡大(05/22)

ユーロ圏建設業生産、3月は0.1%増加(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン