• 印刷する

HS2総工費がさらに膨張も 諮問委が最大1060億ポンドと指摘

イングランド北部とロンドンを結ぶ高速鉄道「ハイスピード2(HS2)」の総工費は、最大で1,060億ポンドに達する可能性がある――。計画の再検討を進めている諮問委員会が、政府への報告書でこうした見方を示したもようだ。HS2計画を担う国営事業会社の最新見通しをさらに20%超過しており、ジョンソン首相はこれを踏まえ、向こう数週間中にHS2計画を中止するかどうかを決定する見通し。BBC電子版が20日伝えた。

HS2は、第1期工事でロンドン―バーミンガム間、さらに第2期工事でバーミンガムからマンチェスターおよびリーズ間の2路線を敷設する計画。当初は総工費557億ポンドを予定し、第1期は2026年、第2期は2033年の完工が見込まれていた。しかし、計画遅延と予算超過が指摘されたため、昨年8月に政府が諮問委員会を設置。これを受け、HS2事業会社のアラン・クック会長は同9月、総工費が物価上昇分も含めて810億~880億ポンドに膨らむとの最新見通しを提出していた。同会長はその際、完工時期が第1期は2031年、第2期は2040年にそれぞれずれ込む可能性もあるとしていた。

フィナンシャル・タイムズが入手した諮問委員会の報告書草案では、第2期工事を半年間停止し、マンチェスターおよびリーズまでの路線に通常路線を併用する可能性を模索することも提案。その上で、「全体的に見て」HS2建設計画はなお進めるべきだが、それには「いくつかの条件」を満たす必要があるとの結論を示している。

ジョンソン首相はかねてHS2計画には批判的だが、大型インフラ投資一般への意欲は強い。また、与党・保守党は先の総選挙で、イングランド北部・中部の伝統的な最大野党・労働党支持者の票を奪って大勝しただけに、これらの地域が待望するHS2計画の行方を巡っては、慎重な決断が求められている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ウクライナ支援、英独の姿勢に温度差(01/19)

英の対アイルランド輸出、離脱後に減少傾向(01/19)

英当局、マスターカードなど決済5社に罰金(01/19)

アマゾン、英のビザクレカ取扱中止を保留(01/19)

丸紅、スコットランド風力発電の権益落札(01/19)

ロンドン市長、超低排出区域の拡大検討(01/19)

失業率、11月は4.1%に改善(01/19)

元側近「首相は規制違反の宴会を事前認識」(01/19)

英政党支持率、労働党が首位 与党は規制違反宴会発覚で低下(01/18)

C・スイス、会長がコロナ規制違反で辞任(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン