• 印刷する

フライビー、救済批判に反論 納税遅延分は「数カ月で全納」

格安航空大手フライビーは17日、英政府との救済措置を巡る協議について、歳入関税庁(HMRC)と1,000万ポンド以下の納税義務を遅らせることで合意したのみで、数カ月後には全額納付可能だと反論した。競合などからの批判が相次いだことを受けての動き。BBC電子版などが伝えた。

フライビーは政府との合意内容について「財務面で苦労するどんな企業でも行う、支払い時期を巡るHMRCとの基本的な融通措置」と説明。マーク・アンダーソン最高経営責任者(CEO)は政府と融資を巡る交渉をしていることを認めた一方、救済案とは異なると主張した。なお、フライビー株主である英ヴァージンアトランティック航空が参画するコンソーシアム「コネクト・エアウェイズ」は、フライビーへの3,000万ポンドの追加投資で合意している。

英政府は先に、フライビーとの協議の結果として、地方とのつながりを強化する目的で航空旅客税制度を見直す方針を発表。メディア各社は、政府がフライビーの1億ポンド超に上る航空旅客税の支払いを延期すると報じていた。英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とスペインのイベリア航空を運営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)のウィリー・ウォルシュ最高経営責任者(CEO)はこの動きを批判し、欧州委員会に対して英政府の対応が国家補助に関する欧州連合(EU)法に違反していると申し立てた。また、格安航空ライアンエアーも英政府を提訴する構えを示していた。

フライビーは欧州最大の地方航空会社で、ロンドンを除く英国国内路線の半分以上を運営している。破綻した場合、従業員約2,400人が失職する恐れがある。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

イングランドで飲食店再開 約3カ月ぶりの外食客でにぎわう(07/07)

英、華為を5G網から段階的に排除も(07/07)

新車登録台数、6月は34.9%減少(07/07)

英政府、対面接客業支援でバウチャー支給も(07/07)

英、劇場・博物館などに15.7億ポンドの支援(07/07)

4大会計事務所、監査業務を24年までに分離(07/07)

ロイズ銀、ホルタオソリオCEOが来年退任(07/07)

英、新人権規則に基づく制裁を発動(07/07)

アビバ、新CEOに社外取締役のブラン氏(07/07)

建設業PMI、6月は大幅回復で分岐点超え(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン