チェルノブイリ原発跡地で放射能が再拡散

ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所周辺の森林火災の跡地では、地表流が発生しやすくなり、土砂移動で放射性物質が再拡散している―――。このような事態が、福島大学と筑波大学、ウクライナの水文気象学研究所、チェルノブイリ生態センターが行っている国際共同研究プロジェ…

関連国・地域: ウクライナ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ウクライナ鉱工業生産、2月は1.5%減少(03/25)

ウクライナのインフレ率、2月は2.4%(03/17)

中国社、ウクライナで廃棄物発電建設へ(03/16)

露政府、伊など欧州4カ国からの入国を制限(03/13)

ウクライナ議会、検事総長を更迭(03/09)

ウクライナ、新首相にシュミハリ氏(03/06)

ウクライナ首相が再び辞意表明(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン