チェルノブイリ原発跡地で放射能が再拡散

ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所周辺の森林火災の跡地では、地表流が発生しやすくなり、土砂移動で放射性物質が再拡散している―――。このような事態が、福島大学と筑波大学、ウクライナの水文気象学研究所、チェルノブイリ生態センターが行っている国際共同研究プロジェ…

関連国・地域: ウクライナ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

DPワールド、ウクライナ港湾の運営権取得(02/17)

ウクライナ大統領の支持率、初の50%割れ(02/05)

ウクライナ中銀、政策金利を11%に引き下げ(02/03)

ウクライナ、2050年までに石炭火発全廃へ(01/29)

ウクライナ鉱工業生産、12月は7.7%減少(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン