• 印刷する

欧州新車登録、2019年は増加 12月単月でも2割超の伸びを記録

欧州自動車工業会(ACEA)は16日、2019年12月の欧州連合(EU、マルタ除く27カ国)の新車登録台数が121万5,076台となり、前年同月比21.7%増加したと発表した。年後半の大幅な伸びが、年初の不振を補い、通年では1.2%のプラスを確保した。

主要5カ国は軒並み増加。フランスは27.7%、ドイツは19.5%それぞれ大きく拡大し、イタリアも12.5%伸びている。スペインは6.6%増加し、英国は3.4%増えた。EUに欧州自由貿易連合(EFTA)3カ国を加えた30カ国全体では126万1,742台と、こちらも1年前を21.4%上回った。

30カ国をメーカー別に見ると、欧州最大手の独フォルクスワーゲン(VW)は21.3%増加。「VW」ブランドに限ると12.7%増え、グループの市場シェアは1年前の23.1%から横ばいだった。

仏グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)の販売台数は2.7%縮小。仏ルノーは22.9%増えた。米フォードは19.7%、伊フィアット・ クライスラー・オートモービルズ(FCA)は13.8%それぞれ拡大した。

高級車はドイツのBMWとダイムラーが、それぞれ15.9%と18.3%伸びた。半面、印タタ・モーターズ傘下の英ジャガー・ランドローバー(JLR)は5.1%減少している。

日本車ではトヨタ自動車(レクサス含む)が21%、日産自動車は23.4%それぞれ増えた。マツダは74%と大きく伸び、ホンダが27.7%増で続いた。一方、三菱自動車は2.6%落ち込んでいる。韓国の現代自動車グループは、現代自動車、傘下の起亜自動車がそれぞれ23.9%、9.2%増え、全体では17.1%増加している。

通年の累計登録台数は30カ国全体で1,580万5,752台と、1年前を1.2%上回った。


関連国・地域: EU
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

オランダの事業設立企業、昨年は過去最高(02/20)

英、ポイント制ビザ案を公表 低技能労働者の不足懸念も(02/20)

欧州委、AI白書を公表 規制と開発促進=米中に対抗(02/20)

EU、2030年までに廃棄物量を半減へ(02/20)

英伊通信2社、基地局貸与へ=統合譲歩案(02/20)

EU、日本と航空旅客記録の共有で交渉へ(02/20)

EU、租税問題地域にケイマン諸島など追加(02/20)

使いやすい駅、英セントパンクラスが首位(02/20)

運送業者の賃金ルール改正、反対が9カ国に(02/20)

【欧州企業よもやま話】第299回:グレッグス ビーガン商品が爆発的ヒット(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン