• 印刷する

VW、世界販売で記録更新 昨年は1097万台=首位維持濃厚か

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は14日、グループ全体の2019年の販売台数が前年比1.3%増の1,097万4,600台となり、最高記録を更新したと発表した。競合のルノー・日産自動車・三菱自動車連合とトヨタ自動車の販売台数はまだ発表されていないが、4年連続で世界首位を維持できるかが注目される。

地域別に見ると、最大市場の中国(香港含む)は423万3,600台と0.6%拡大。欧州は3.9%増の455万2,800台で、うち西欧は4.6%伸び、足元のドイツは6.2%増加した。中東欧はロシアが1.6%増え、全体では1.1%のプラスとなった。

北米は0.5%減少したが、うち米国は2.5%増加。中南米は3.2%伸び、うちブラジルは17.1%のプラスだった。

ブランド別では「VW」の乗用車が0.5%増の627万8,300台。高級車部門アウディは1.8%増の184万5,600台となった。チェコ子会社のシュコダは124万2,800台と0.9%減少。スペイン子会社のセアトと高級スポーツカーのポルシェはそれぞれ10.9%、9.6%拡大した。

商用車は「VW」が1.6%減の49万1,600台。半面、独MANは4.6%、スカニア(スウェーデン)は3.1%それぞれ伸びた。

12月単月ではグループ全体で103万800台と、12.5%拡大している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

シャツ製造ブレイコンフ、独社に工場売却(03/09)

与党2議員が汚職疑惑で辞職 医療用マスク公共調達で収賄か(03/09)

ポルシェ、EVリマックへの出資引き上げ(03/09)

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】ドイツの気候保護法と炭素税の導入(下)(03/09)

独大手上場企業、女性取締役の登用急ぐ(03/09)

鉱工業生産、1月は2.5%減少(03/09)

VW、欧州販売のEVの割合を7割に拡大へ(03/09)

製薬ケプラファーム、年内にIPO計画(03/09)

インファーム、1億ドルを追加調達(03/09)

欧州中銀、域内行とグリーンシルの関係調査(03/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン