独政府、ポーランドでの豚コレラ拡大に懸念

ドイツ政府は10日、隣国ポーランドにおける家畜伝染病「アフリカ豚コレラ(ASF)」の野生イノシシへの感染拡大に対する懸念を表明した。ドイツでは昨年12月から、国境に電気柵を立てるなどさまざまな対策を講じている。ロイター通信が伝えた。 国際獣疫事務局(OIE)による…

関連国・地域: ドイツポーランド
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

独経済、今年は6.6%縮小か=Ifo(05/29)

ルフトハンザ監査役会、救済策の承認見送り(05/29)

ドイツ議会、飲食店のVAT引き下げ承認(05/29)

インフレ率、5月は0.6%に減速(05/29)

BASF、カーシェアで中国・滴滴と提携(05/29)

ナイジェリア、シーメンスの契約で資金調達(05/29)

ドイツ、社会的距離を6月29日まで延長(05/28)

チェコ、独墺など近隣4カ国との国境を開放(05/28)

ドイツ鉄道、政府が55億ユーロ注入(05/28)

シュコダ、印西部の工場を6月に再開へ(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン