EV移行で41万人失職も 部品の大幅減で=独政府諮問機関

電気自動車(EV)への移行が進むに伴い、ドイツの自動車産業で2030年までに41万人が失職する恐れが出てきた。政府の諮問機関「ナショナル・プラットフォーム・フューチャー・オブ・モビリティー(NPM)」の報告書を元に、独経済紙ハンデルスブラットが13日伝えた。 それによる…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車電機雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

コメルツ銀トップが辞任へ CEOと会長、株主の圧力受け(07/07)

メルセデス、仏北東部の工場売却に着手(07/07)

製造業受注、5月は10.4%増加(07/07)

アルトマイヤー経済相「経済回復は秋以降」(07/07)

VW、韓国の物流社と車両の海上輸送契約(07/07)

新車登録台数、6月は32.3%減少(07/06)

BMW、独南部のEV工場に5億ユーロ投資(07/06)

ダイムラー、中国EV電池メーカーに出資(07/06)

ドイツ機械受注高、5月は28%減少(07/06)

化学メルク、韓国に半導体素材センター開設(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン