独首相と露大統領、ガス導管稼働方針を確認

メルケル首相は11日、モスクワでロシアのプーチン大統領と会談し、ロシア産ガスをバルト海経由で欧州に輸送する新パイプライン「ノルドストリーム2」を予定通りに稼働させる方針を確認した。同パイプラインの敷設計画を巡っては、米国が2019年12月に工事に関わる企業に経済制裁を…

関連国・地域: ドイツスイスロシア米国アフリカ
関連業種: 天然資源政治


その他記事

すべての文頭を開く

独、自動車購入補助に50億ユーロ割り当てか(06/02)

ベルリン、バーやジムなど営業再開(06/02)

ECB、独貯蓄銀行の預金保護制度を問題視(06/02)

5月は回復もなお分岐点割れ ユーロ圏製造業PMI確定値(06/02)

メルセデス、電池生産強化に10億ユーロ超投資(06/02)

メルセデス、タイのモーターショー不参加(06/02)

携帯電話の中国・オッポ、独に西欧地区本部(06/02)

米発端の人種差別反対デモ、英独にも波及(06/02)

VW、中国EV事業を強化へ 江淮大衆汽車の経営権取得(06/01)

独政府、時短補償の受給期間を2年に延長も(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン