リスボンでバス燃料に廃油100%使用

ポルトガルの首都リスボンで、燃料に使用済みの食用油だけを使った公共バスの試験運行が行われている。持続可能なモビリティーを促進するプロジェクトの一環で、今年4月末まで続けられる予定。EU政策専門サイトのユーラクティブが伝えた。 このプロジェクトは、公共交通運営会…

関連国・地域: EUポルトガル
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ポルトガル予算案、EUの財政規律違反も(01/17)

リスボンでバス燃料に廃油100%使用(01/13)

EDP、水力発電所6カ所をエンジーに売却(2019/12/23)

ポルトガルやスペインで暴風雨、9人死亡(2019/12/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン