リスボンでバス燃料に廃油100%使用

ポルトガルの首都リスボンで、燃料に使用済みの食用油だけを使った公共バスの試験運行が行われている。持続可能なモビリティーを促進するプロジェクトの一環で、今年4月末まで続けられる予定。EU政策専門サイトのユーラクティブが伝えた。 このプロジェクトは、公共交通運営会…

関連国・地域: EUポルトガル
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

感染拡大のポルト市、封鎖措置の要請を拒否(04/01)

リスボンで新型コロナのドライブスルー検査(03/30)

欧州委、各国の緊急国家補助案件相次ぎ承認(03/24)

サンタンデール幹部、新型コロナで死去(03/20)

蘭政府、インドネシアに食料供給支援(03/19)

自動車VW、スペイン工場などで生産停止へ(03/18)

「欧州がパンデミック震源地」 WHO、感染者急増に危機感(03/16)

ポルトガルの港湾人材派遣会社が破産へ(03/16)

欧州各国で休校=新型コロナ 英は授業継続で保護者に不安(03/16)

EU5カ国、子どもの移民受け入れで合意(03/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン