小売りM&S、第3四半期は0.7%減収

英小売大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)は9日、第3四半期(2019年12月28日までの13週間)のグループの売上高が前年同期比0.7%減少したと発表した。国内外が共に不振だった。 英国事業の売上高は0.6%減少。うち食品は1.5%増えたが、衣料品・家庭用品を含む一般商品…

関連国・地域: 英国
関連業種: 小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

英政府、新型コロナ検査の展開に苦戦(04/03)

航空BA、従業員3.6万人が一時休職へ(04/03)

福祉給付の申請者、過去2週間で95万人に(04/03)

ネーションワイド住宅価格、3月は伸び加速(04/03)

英ウィンブルドン選手権、今年は中止(04/03)

欧州主要国GDP、20ポイント前後低下も(04/03)

英の封鎖措置、感染阻止に効果=専門家調査(04/02)

新型コロナの無認可検査キットに警鐘=当局(04/02)

中小企業の2割弱、必要な現金枯渇(04/02)

欧州、自動車工場の停止で111万人に影響(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン