小売りM&S、第3四半期は0.7%減収

英小売大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)は9日、第3四半期(2019年12月28日までの13週間)のグループの売上高が前年同期比0.7%減少したと発表した。国内外が共に不振だった。 英国事業の売上高は0.6%減少。うち食品は1.5%増えたが、衣料品・家庭用品を含む一般商品…

関連国・地域: 英国
関連業種: 小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

EU離脱法案の修正案を可決 上院、在英EU市民の権利など(01/22)

失業率、11月は横ばいの3.8%=3カ月連続(01/22)

フェイスブック、ロンドンで1千人雇用へ(01/22)

トークトーク、光ファイバー事業を売却(01/22)

バークレー兄弟、リッツ・ホテル売却か(01/22)

GKN、EV向け次世代技術で台湾社と提携(01/22)

イージージェット、第1四半期は9.9%増収(01/22)

英政府、テロリストの早期釈放見直し(01/22)

英国の「最安スーパー」はセインズベリー(01/22)

HS2総工費がさらに膨張も 諮問委が最大1060億ポンドと指摘(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン