• 印刷する

サンチェス新政権が誕生へ 議会、信任投票を2票差で可決

スペインの下院(定数350)は7日、サンチェス暫定首相の第2回信任投票を行い、賛成167票、反対165票で可決したと発表した。先の第1回投票では賛成票が絶対過半数に届かず否決されたが、2回目の投票では単純多数が求められるため、棄権の18票を除き2票の僅差で勝利を収めた。これにより、1978年の民主化以降スペインで初めて連立政権が誕生する見通し。

社会労働党は信任投票に当たり、カタルーニャ州の独立を訴えるカタルーニャ共和主義左翼(ERC)から協力の約束を取り付けており、同党の議員が投票を棄権したことで2回目投票での可決に持ち込むことができた。

サンチェス氏率いる中道左派の社会労働党(PSOE)と急進左派ポデモス(Podemos)の連立政権は、民主化以降で初めて急進左派政党を含む政権でもある。新政権は、富裕層や大企業向けの増税や、最低賃金の引き上げ、炭素排出量の削減などを目指している。ただ、昨年11月の総選挙での獲得議席数はPSOEが120議席、ポデモスが35議席の計155議席と過半数には達していないため、法案の可決には他党の協力を求める必要がある。

スペインでは、昨年4月の総選挙の後にサンチェス暫定首相の信任投票が2度否決され、11月には年内で2度目、過去4年で4度目となる総選挙が実施された。


関連国・地域: スペイン
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

スペイン国鉄、ロンドン―パリ間鉄道を計画(10/28)

スペイン政府、家賃規制と空き家課税強化へ(10/28)

金融サンタンデール、第3四半期は24%増益(10/28)

独など9カ国、仏の電力市場改革案を拒否(10/27)

日立、スペインで鉄道車両保守の長期契約(10/25)

米政府、デジタル税巡り欧州5カ国と合意(10/25)

アルストム、スペインで年内に200人超採用(10/22)

スペイン政府、レイオフ制度を1年延長も(10/19)

スペイン首相、売春行為の違法化を宣言(10/19)

ユーロ圏の成長率予測引き上げ 仏やスペイン回復見込む=IMF(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン