バルセロナ市、低排出区域の導入開始

スペイン北東部のバルセロナ市は1日、一部のガソリン車やディーゼル車の通行を禁止する「低排出区域(LEZ)」の導入を開始した。大気汚染の削減を目指す取り組みで、対象区域の範囲は南欧最大。現地紙エルパイスなどが伝えた。 対象車両は、2000年より前に購入したガソリン車…

関連国・地域: スペイン
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スペインのインフレ率、過去38年で最高(08/15)

花王、スペイン工場で合成香料を増産(08/15)

S・パワー、英東部沖の風力発電所が着工(08/15)

スペイン・タルゴ、エジプトで寝台列車受注(08/12)

フェロビアル、ヒースローの保有株売却か(08/11)

スペイン鉱工業生産、6月は7%増加(08/08)

スペイン鉄道車両タルゴ、印バーラトと合弁(08/04)

イベルドローラ、ポーランドで再生エネ拡大(08/03)

スペイン政府、民間部門に省エネ義務付けへ(08/03)

スペイン新車登録、7月は12.5%減少(08/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン