• 印刷する

仏ノートルダム大聖堂、クリスマスミサ中止

4月の火災で尖塔や屋根を焼失したパリのノートルダム大聖堂で、今年のクリスマスミサが執り行われないことになった。修復再建工事のためとみられる。ミサが行われないのは過去200年超で初めて。BBC電子版などが伝えた。

報道によると、ノートルダム大聖堂は850年の歴史を持つ。ミサは1803年以降、ナチス・ドイツの占領下にあった第2次世界大戦時も含めて毎年12月24日に続けられてきた。しかし、今年は近隣のサンジェルマン・ロクセロワ(Saint-Germain l’Auxerrois)教会に場所を変えて行われる。

火災は4月15日に発生。当局は出火原因について、たばこの火の不始末か電気系統の故障の可能性があるとしたが、現在も特定できていない。マクロン大統領は5年以内の再建を公約し、国内外からの寄付額は10億ユーロに上っている。

ノートルダム大聖堂は、1991年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録された。


関連国・地域: フランス
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

仏大統領、新内閣を発表=継続性重視(05/24)

エールフランス、資金注入巡りアポロと協議(05/24)

シュナイダー、マレーシアに新営業拠点(05/24)

ルノー、燃料電池SUVのプロトタイプ公開(05/23)

フィリピン輸入品販売SSI、グッチと合弁(05/23)

ウクライナに198億ドル支援 G7、インフレ状況も注視(05/23)

暗号資産取引バイナンス、独事業免許取得へ(05/20)

仏ソジェン、露金融・保険事業の売却完了(05/20)

露外務省、仏・伊などの外交官を国外追放(05/20)

エールフランスとCMA、航空貨物で提携(05/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン