仏首相と労組、年金改革巡る協議すれ違い

フランスの大規模ストライキの発端となった年金改革を巡り、フィリップ首相と労働組合の代表者が18日、協議を行った。マクロン大統領が先に改革案の改善に前向きな姿勢を見せていたものの、双方は共に主張を譲らず合意には至らなかった。これを受け、ストは19日に3週間目に突入。…

関連国・地域: フランス
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

仏当局「5G構築で華為を全面排除しない」(07/07)

パリファッションウイーク、オンライン開催(07/07)

メルセデス、仏北東部の工場売却に着手(07/07)

ルーヴル美術館が営業を再開(07/07)

欧州委、10カ国に旅行者の権利保護を要求(07/07)

英国、GSK・仏サノフィのワクチン確保も(07/07)

仏新首相にカステックス氏 封鎖措置緩和の指揮担当の官僚(07/06)

FCA、仏PSAとの合併条件「変更なし」(07/06)

エールフランス、2年間で6500人整理か(07/03)

エニ、エジプト沖でガス鉱床発見(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン