仏首相と労組、年金改革巡る協議すれ違い

フランスの大規模ストライキの発端となった年金改革を巡り、フィリップ首相と労働組合の代表者が18日、協議を行った。マクロン大統領が先に改革案の改善に前向きな姿勢を見せていたものの、双方は共に主張を譲らず合意には至らなかった。これを受け、ストは19日に3週間目に突入。…

関連国・地域: フランス
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

米仏大統領、デジタル課税巡る争いで休戦(01/22)

エールフランス、マレーシア航空出資に関心(01/22)

エアバス、旅客収入リスク回避の取引所創設(01/21)

エンジー、英オクトパスが電力事業を取得(01/21)

リビア和平会議、関係国が介入停止宣言(01/21)

JPモルガン、英離脱でパリ拠点を拡張へ(01/21)

丸紅とトタル、カタールで太陽光事業に参画(01/21)

パリ交通公団の最大労組、年金改革スト停止(01/21)

プラスチックのリサイクル率、仏で低迷(01/21)

ルノー、昨年の世界販売台数は3.4%減少 最高記録の更新ならず(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン