ウクライナ中銀、金利を13.5%に引き下げ

ウクライナ中央銀行は12日に開いた金融政策委員会(MPC)で、主要政策金利を15.5%から13.5%に2ポイント引き下げると発表した。過去2年間で最低水準となる。 中銀は利下げの理由について、インフレの緩やかな減速や通貨高、国際通貨基金(IMF)からの新規融資獲得の見込…

関連国・地域: ウクライナ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ウクライナ鉱工業生産、8月は5.3%減少(09/25)

ウクライナのインフレ率、8月は2.5%(09/15)

EU、対露経済制裁の延長を決定(09/14)

EU、対露経済制裁を6カ月延長へ(09/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン