テスラ、ベルリン郊外で年50万台生産か

米電気自動車(EV)大手テスラは、ベルリン郊外に建設予定の新工場で、年間50万台の車両生産を計画しているもようだ。独タブロイド紙ビルトが11日伝えた。 新工場の建設予定地はベルリンの南東に位置するブランデンブルク州グリューンハイデ(Gruenheide)で、面積はサッカー場…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

メルセデス、EV「EQC」の生産目標半減(01/24)

VW、排ガス不正問題巡りカナダで罰金(01/24)

米EVテスラの時価総額、VWを上回る(01/24)

オンライン銀行N26、顧客数500万人達成(01/24)

ワイヤーカード、会長はCEO留任望む(01/24)

中国・薬明生物、バイエルの独工場を取得(01/24)

独の温室効果ガス排出、2018年は前年下回る(01/24)

三菱自とデンソー、独当局が排ガス不正捜査(01/23)

独仏政府、途上国の気候変動対策支援に参画(01/23)

ダイムラー、通期利益半減も(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン