FCA、クライスラー買収巡り追徴金も

イタリアの税務当局は、伊自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が2014年の米クライスラー買収を巡り、同事業の価値を51億ユーロ過小評価したとみて調査を進めている。追徴金を課す可能性もある。FCAの決算報告と関係者の話を元に、ロイター通信など…

関連国・地域: イタリア
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

日立、トレニタリアとスペイン向け車両契約(08/13)

伊サプライアットミー、UAE進出(08/12)

コスタクルーズ、フランス人乗客が集団訴訟(08/12)

エネルX、ソジェン子会社とEVレンタル(08/11)

イタリア、自転車などの購入支援策を導入(08/07)

イタリア鉱工業生産、6月は8.2%増加(08/07)

金融ウニクレディト、第2四半期は77%減益(08/07)

アトランティア、政府との交渉が難航(08/06)

ABB、伊中部にEV充電インフラ生産拠点(08/06)

テレコムイタリア、通信網の少数株売却延期(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン