ベルリン市、「国境検問所跡」の再開発も

東西分断の象徴だったベルリンの壁が崩壊してから30年を迎えたドイツで、冷戦時代にベルリン市で使用されていた国境検問所の跡地が再開発される見通しだ。AFP通信などが12月3日伝えた。 それによると、ベルリン市議会はこの日、通称「チェックポイント・チャーリー」として知…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 建設・不動産観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

石炭火発全廃に向け合意 独政府と炭鉱保有の4州(01/17)

スウェーデン、近隣国への夜行列車運行も(01/17)

独政府、「バイオ経済」に36億ユーロ投資(01/17)

シェフラー、水素協議会のメンバー企業に(01/17)

兼松、デジタル画像の独社の一部株式を取得(01/17)

サンルーフのベバスト、中国で新工場が完成(01/17)

独全土で再びトラクターデモ(01/17)

独経済成長率、0.6%に減速 2019年は過去6年で最低(01/16)

政府とドイツ鉄道、860億ユーロ投資に調印(01/16)

欧州投資銀、独住宅建設に2.4億ユーロ融資(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン