ベネチア、本土からの分離巡る投票が無効

イタリア北東部ベネチアで、本土からの分離を問う住民投票が行われ、66%がこれを支持したものの、投票率が50%に至らず無効となった。同市では過去40年にわたり住民投票が4度実施されてきたが、過去最低の投票率を記録した。ザ・ローカルなどが2日伝えた。 「水の都」として知…

関連国・地域: イタリア
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ベネチアでモーターボートの急増に抗議デモ(01/21)

自動車FCA、台湾・鴻海とEV合弁設立へ(01/20)

憲法裁、「同盟」による国民投票要請を却下(01/20)

エニとトタル、アンゴラで資源開発権を取得(01/20)

伊サイペム、アルジェリア汚職巡り逆転無罪(01/17)

日通、伊グループ会社3社を統合(01/17)

ベネチア、今度は干潮で運河の底面露呈(01/15)

サンローラン、伊中部に革製品工場を新設(01/14)

アリタリア、伊国鉄が救済計画主導を断念(01/10)

伊ウニクレディト、UAE社が株式売却(01/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン