マ社、英の都市開発で鉄道事業を模索

マレーシアのコングロマリット(複合企業)YTLコーポレーションは、英国の鉄道インフラ事業で商機を模索している。英子会社YTLデベロップメンツを通じて、イングランド南西部ブリストル近郊で都市開発「ブラバゾン」を手掛けており、駅舎の新設や自転車専用レーンの整備など…

関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

英国でEU離脱法が成立 1月31日の離脱が実現へ(01/24)

英高官、華為からの限定的調達を政府に提言(01/24)

モリソン、管理職3千人整理で新規雇用創出(01/24)

英財務相、デジタル税撤回拒否=米は報復も(01/24)

GSKの後発薬遅延取引は「EU法違反」(01/24)

英政府、サウスウエスタン鉄道の国営化も(01/24)

衣料販売エイソス、9~12月は20%増収(01/24)

JLR、健康リスク減らす座席を開発中(01/24)

HSBC、法人向けグリーン預金口座を導入(01/24)

スタンチャート銀、深センで人員増強へ(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン