海運マースク、第3四半期は2.5倍弱に増益

デンマークの海運大手APモラー・マースクは15日、第3四半期(7~9月)の継続事業ベースの純利益(特別損益除く)が4億5,200万ドルとなり、前年同期の1億8,800万ドルから2.5倍弱に増加したと発表した。先行き不透明な国際経済情勢から海運コンテナの需要が伸び悩む中、積極的…

関連国・地域: デンマーク
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

プラスチックのリサイクル率、仏で低迷(01/21)

ダンスケ銀、2千人対象に早期退職募集(01/14)

英領北ア、自治政府発足へ 主要2党が政府協定案を支持(01/13)

風力発電機レゾルックス、トルコで合弁(01/09)

NEC、デンマーク社の金融ソフト事業買収(01/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン