• 印刷する

スペイン総選挙、右派が躍進 社会労働党は第1党維持

スペインで10日に実施された下院(定数350)選挙で、サンチェス暫定首相率いる中道左派の社会労働党(PSOE)が第1党の座を維持した。ただ、過半数議席は獲得できず、政治的膠着(こうちゃく)状態は打開できそうにない。最大野党の国民党(PP)は2位。一方、極右政党ボックス(Vox)は議席数を2倍以上に拡大し、第3党に躍り出た。BBC電子版などが伝えた。

PSOEは120議席を確保したものの、改選前から3議席減らした。一方、4月の前回選挙で過去最悪の結果となったPPは、66議席から88議席に回復。Voxは24議席から52議席へと大幅に増やした。極左政党ポデモス(Podemos)は7議席減の35議席。中道右派シウダダノス(Ciudadanos)は57議席から10議席へと激減し、13議席を獲得したカタルーニャ独立派の政党連合であるカタルーニャ共和主義左翼(ERC)―ソビラニステス(Sobiranites)に逆転された。

今回の総選挙は、過去4年で4度目となる。4月末の前回選挙では、PSOEが第1党の座を維持したものの、単独過半数に届かず、ポデモスなどとの連立交渉も決裂したため、少数政権を樹立。しかし、議会で信任を得ることができず、再選挙の実施となった。

サンチェス暫定首相は今回の選挙結果を受け、「安定政権を築き、多数の国民のためになる政治を行う」とした上で、野党各党に膠着状態の打破に向け協力するよう求めた。ポデモスのイグレシアス党首は、PSOEとの連立協議に再び応じる姿勢を示している。ただ、両党の議席数を合わせても過半数には届かないため、他党の協力も必要となる。

一方、Voxのアバスカル党首は選挙結果について「愛国的かつ社会的な代替案が統合した」とコメント。「国家の統一とカタルーニャ自治州における秩序の回復が求められている」と話した。同党は、カタルーニャ独立運動への反動を背景に票を伸ばしたとみられている。


関連国・地域: スペイン
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

グロボの配達員は被雇用者=スペイン最高裁(09/25)

グルーポアントリン、上海で研究施設を開設(09/25)

スペインGDP、17.8%縮小=改定値(09/24)

イベルドローラ、グリーン水素部門を設立(09/23)

マドリード州、一部で移動制限など規制強化(09/22)

金融カイシャバンク、バンキア買収で合意(09/21)

イベルドローラ、再生エネのアカシアを買収(09/18)

追尾式架台のエヌクレーブ、中国社が買収(09/18)

スペイン、フランコ独裁の負の遺産を解体へ(09/17)

スペイン2行、主要株主が合併支持か(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン