重電アルストム、上半期は60%減益

仏重電大手アルストムは6日、上半期(4~9月)の純利益が2億2,700万ユーロとなり、前年同期比60%減少したと発表した。新規受注の落ち込みが響いた。 売上高は3%増の41億4,000万ユーロ。主力の鉄道車両事業は18億9,800万ユーロと、9%増加した。同事業を巡っては2月、欧州…

関連国・地域: フランス
関連業種: 電機その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

仏の反年金改革ストが再燃 交通への支障続く=6日目(12/11)

サノフィ、糖尿病治療薬の研究終了へ(12/11)

仏製造業生産、10月は0.5%増加(12/11)

英HSBC、仏リテール事業の売却を検討か(12/11)

EDF、再生エネ分野の成長を加速(12/11)

仏のゼネスト、10日も継続へ 政府は年金改革断行の構え(12/10)

ロシアとウクライナ、紛争終結に向け協議(12/10)

仏、米の報復関税巡りWTO提訴も辞さず(12/10)

欧州委、32億ユーロの電池研究補助を承認(12/10)

サノフィ、米バイオ企業シンソークスを買収(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン