EU、資金洗浄対策で新監督組織の設立検討

欧州連合(EU)は、マネーロンダリング(資金洗浄)の取り締まりを強化するため、独立した監督組織の新設を検討しているもようだ。12月に開く財務相会合で、欧州委員会に対して正式に設置を勧告する見込み。財務相会合で承認する声明の草案を元に、フィナンシャル・タイムズが10…

関連国・地域: ドイツフランスEUスウェーデンデンマークオランダエストニア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独自動車産業、人員削減で暗いクリスマスに <連載コラム・自動車産業インサイト>第40回(12/13)

欧州委、欧州グリーンディールを公表(12/13)

欧州グリーンディールに中東欧3カ国が反対(12/13)

ECB、金利据え置き=ラガルド総裁初会合(12/13)

ユーロ圏鉱工業生産、10月は0.5%減少(12/13)

ACEA、新会長にFCAのマンリーCEO(12/13)

【ウイークリー統計】第52回 ワインの貿易高とジンの生産量(12/12)

フィンランド、EU市民の1%にAI教育(12/12)

ルーマニア財政赤字、対GDP比3.6%目標(12/12)

愛ライアン、「737MAX」受領は来夏以降に(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン