エールフランスKLM、53.4%減益

仏蘭資本の航空大手エールフランスKLMは10月31日、第3四半期(7~9月)の純利益が3億6,600万ユーロとなり、前年同期比53.4%減少したと発表した。地政学的な先行き不透明感などを背景に、貨物輸送の需要が減退したほか、利益率の高い夏季休暇シーズンの直前予約が伸び悩んだ…

関連国・地域: フランスオランダ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、仏電動車椅子メーカーに出資(12/06)

仏ケリング、モンクレールと買収の予備協議(12/06)

ユーロ圏GDP、第3四半期は0.2%拡大(12/06)

仏で反年金改革のゼネスト開始=交通まひ(12/06)

BMW、仏ヴァレオとデンソーを提訴(12/06)

破綻のB・スチール、仏工場を売却か(12/06)

VWなど輸入車、韓国で1.2万台をリコール(12/06)

ルノー・日産・三菱、事務局長を任命(12/05)

商船三井、トタルと長期用船契約=2隻目(12/05)

英首相「デジタル税導入する」=米と衝突も(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン