• 印刷する

FCAとPSAが合併協議 企業価値500億ドルの大型案件

伊自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は30日、仏グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)と合併に向けた協議を進めていると発表した。両社の経営統合を巡る報道内容を認めた格好。ロイター通信によると、実現すれば統合後の新会社の企業価値は500億ドル近くに達する大型案件となる。

PSAの監査役会はこの日、経営統合案について協議するとみられる。一方、FCAは声明で、「現時点でこれ以上報告することはない」としている。BBC電子版によると、実現したならば、PSAのカルロス・タバレス最高経営責任者(CEO)が新会社のトップに立つ公算が大きい。一方で、FCAのジョン・エルカン会長の立場は維持されるもよう。

FCAは5月、仏同業ルノーに対等出資による経営統合を提案。だが、ルノーに15%出資する仏政府が雇用維持などの条件を要求した上、ルノーが連合を組む日産自動車の支持獲得に向けて動いたことから、FCAは公表からわずか2週間弱で計画を取り下げていた。エルカン会長はその後、他社との提携を模索していることを明らかにしており、背景には同社が車両の電動化や排ガス量削減、自動運転技術などで他社に遅れを取っていることがある。

市場アナリストによると、FCAとPSAの昨年の累計販売台数は計870万台。合併した場合、世界販売で4位につく格好だ。各アナリストの間では、この2社の合併は市場競争の激化などから理にかなっており、成功する可能性がより高いとみる一方、PSAは欧州市場に注力しており、米国や中南米、中国市場におけるシナジー効果は低いとの見方もある。[M&A]


関連国・地域: フランスEUイタリア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州自動車大手、中国対抗には「時間必要」(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

緑の党、欧州議会選で苦戦必至=政策に影響(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

G7、露凍結資産の活用など協議=財相会合(05/24)

EU、ベラルーシ経由の制裁回避阻止へ(05/24)

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

EU、露凍結資産でのウクライナ支援を採択(05/23)

欧州3カ国、パレスチナ国家承認(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン