製薬アストラゼネカ、第3四半期は31%減益

英製薬大手アストラゼネカは25日、第3四半期(7~9月)の純利益が2億8,000万ドルとなり、前年同期比31%減少したと発表した。ただ、抗がん剤の売り上げが大きく伸びたことなどを受け、通期の売上高の見通しは引き上げている。 製品売上高は恒常為替レートベースで18%増の61億…

関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

英国、次期欧州委員会の委員候補擁立へ(11/13)

「HS2計画進めるべき」 諮問委、コスト度外視の報告書案(11/13)

ブリトビック、リフレスコに仏工場売却へ(11/13)

失業率、9月は3.8%=過去45年弱で最低(11/13)

ADNOC、BP・トタルとLNG供給契約(11/13)

HSBCとRBS、デジタルバンキング始動(11/13)

貿易収支、9月も赤字拡大(11/13)

プレミア・フーズ、上半期は黒字回復(11/13)

経済紙FT、初の女性編集長を指名(11/13)

O2、ロンドンの自動運転試験に5G提供(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン