中国CATL、独中部に電池工場を開設へ

中国の電気自動車(EV)用電池大手CATL(寧徳時代新能源科技)は、独中部テューリンゲン州の州都エアフルトで同社初となる国外工場を着工した。2022年の完工を見込む。ネットメディアの澎湃新聞が伝えた。 着工面積は23万平方メートルで、電池セルや電池モジュールの生産ラ…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 自動車・二輪車その他製造建設・不動産雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

仏PSAの労組、伊FCAとの統合を支持(11/21)

VW世界販売、10月は12%増 WLTPの反動で欧州好調(11/21)

欧州委、アウルビスのメタロ買収を本格調査(11/21)

生産者物価、10月は0.6%低下(11/21)

ドイツポスト、西部に巨大配送センター(11/21)

ヤマト、DHLと共同開発の電動車両導入へ(11/21)

独百貨店、英トーマス・クックの店舗取得(11/21)

テロの影響、欧州最悪はトルコ(11/21)

ルフトハンザ、仲裁交えた労組交渉拒否(11/21)

アルミのEGA、独BMWへの供給拡大へ(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン