蘭ベオン、カザフスタンで5G試験を開始

オランダに本拠を置くロシア系の携帯電話サービス大手ベオン(Veon、旧ビンペルコム)は21日、カザフスタンの合弁会社KaR-Telが同国南部シムケント(Shymkent)で第5世代(5G)移動通信ネットワークの試験運用を開始したと発表した。中央アジアで最大規模となり、通信市場をけん…

関連国・地域: オランダロシアカザフスタン
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

カザフ当局、現代重の大宇造船買収を承認(11/04)

MOLとルクオイル、汚染原油の補償で和解(10/30)

カザフ、ナザルバエフ前大統領に閣僚承認権(10/22)

蘭ベオン、カザフスタンで5G試験を開始(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン