チェコ首相、EU法抵触でも原発建設に意欲

チェコのバビシュ首相は16日、公的支援に対する欧州連合(EU)の法規に抵触してでも、国内で原子力発電所の新設が必要との考えを示した。政府は国営電力CEZに対し、国内2カ所の原発の拡張プロジェクトを進めるよう求めているが、CEZは計画に対する政府保証を要求している…

関連国・地域: フランスEUチェコロシアアジア米国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

デュコバニー原発、2029年に新原子炉着工か(11/15)

自動車部品業者、米関税引き上げで大打撃も(11/15)

触媒キャタラー、チェコ北部に工場建設へ(11/15)

チェコのインフレ率、10月は横ばいの2.7%(11/12)

チェコ失業率、10月は2.6%に改善(11/11)

旧チェコスロバキア最後の首相が死去(11/11)

チェコ下院、歳入確保に向けた税制改正承認(11/08)

チェコ新車登録台数、10月は1.2%増加(11/07)

小売りメトロ、チェコ社が筆頭株主に(11/06)

法務官「難民受け入れ拒否はEU法違反」(11/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン