ボッシュ、EV事故後の電力遮断技術を開発

独自動車部品大手ロバート・ボッシュは、電気自動車(EV)の衝突事故後の感電や発火のリスクをなくす革新的な技術を開発した。バッテリー部分で小規模な爆発を起こし、電力供給を遮断する仕組みだ。 新たなシステムは、バッテリーに仕掛けた少量の火薬をマイクロチップで制御。…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車電機


その他記事

すべての文頭を開く

テスラ、ベルリンに欧州工場 バッテリーとEV生産へ(11/14)

VW、検察が背任の疑いで幹部ら4人を起訴(11/14)

インフレ率、10月は改定値も1.1%(11/14)

ノルデックス、1~9月期は15.7%減益(11/14)

シクスト、第3四半期は0.5%減益(11/14)

VW、印市場でSUVに注力へ(11/14)

NEC、スイス社と個別化がんワクチン開発(11/13)

独景気期待指数、大きく上昇 世界経済の上向きに期待(11/13)

電力ユニパー、1~9月期は黒字回復(11/13)

コンチネンタル、第3四半期は赤字転落(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン