比議会、ロシアとの原発再開案に懸念

ロシアを訪問したフィリピンのドゥテルテ大統領が、原子力発電事業再開の可能性を検討する方向でロシア側と合意したことを受け、フィリピン議会から法環境が整っていないとする慎重論が出ている。ビジネスワールドなどが8日伝えた。 それによると、フィリピン議会は法律や枠組み…

関連国・地域: ロシアアジア
関連業種: 電力・ガス・水道政治


その他記事

すべての文頭を開く

RDIF、UAE社と28億ドル共同投資へ(10/18)

チェコ首相、EU法抵触でも原発建設に意欲(10/18)

ロシア鉱工業生産、9月は3%増加(10/18)

ロシア、石油輸出関税を11月から引き上げ(10/17)

露、2021年末までにドローン試験場建設へ(10/17)

ロスアトム、浮体式原発巡りブラジルと協議(10/17)

石油ADNOC、露エネルギー省と戦略提携(10/17)

RDIF、サウジ企業と9件の投資で合意(10/16)

ルクオイル、汚染原油導管巡り取引先に補償(10/15)

プーチン大統領、サウジアラビアを訪問(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン