BASF、アントワープ工場の生産能力拡大

独化学大手BASFは、ベルギー北部アントワープの統合生産拠点で、エチレンオキシドと派生製品の生産能力を拡大すると発表した。ホーム・パーソナルケア産業などでの需要増加に対応する狙いで、投資額は5億ユーロ超。 BASFはエチレンオキシド関連製品の年産能力を約40万ト…

関連国・地域: ドイツベルギー
関連業種: 化学建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

独政府、破綻のトーマス・クック顧客に返金(12/12)

テスラ、ベルリン郊外で年50万台生産か(12/12)

産銅アウルビス、通期は42%減益(12/12)

独連立政権、屋外のたばこ広告禁止で合意(12/12)

ノルデックス、トルコで風力タービン受注(12/12)

バイヤスドルフ、韓国・化粧品社に出資(12/12)

ダイムラー、タイでPHV用蓄電池を生産(12/12)

ドイツで豚コレラ対策進む=国境に電気柵も(12/12)

バイエル、2030年の排出量実質ゼロ化目指す(12/11)

ノキア、特許巡り独ダイムラーと調停も(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン