コソボで6日総選挙=汚職や失業対策が争点

コソボで6日、解散総選挙が実施される。同国では7月、ハラディナイ前首相が辞任を表明し、8月に議会(一院制、定数120)が解散。選挙戦では汚職や30%を超える失業問題への対策が焦点となっている。ロイター通信が2日伝えた。 アルバニア住民系の武装組織・コソボ解放軍(KL…

関連国・地域: EUセルビア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

セルビア、首都での封鎖措置再導入でデモ(07/09)

オーストリア、西バルカンへの渡航自粛要請(07/03)

コソボ大統領、紛争時の人道犯罪で訴追(06/26)

セルビア総選挙、与党が圧勝(06/23)

セルビア大統領、景気後退回避を予想(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン