仏北部、化学工場の火災受け作物の収穫禁止

仏北部ルーアン(Rouen)の化学工場で発生した火災を受け、市当局は9月29日、作物の収穫と動物由来の製品の販売を禁止した。予防措置の一環。AFP通信が伝えた。 火災は26日、米化学大手ルーブリゾール(Lubrizol)が所有する化学工場の保管施設で発生。施設からは22キロメート…

関連国・地域: フランス
関連業種: 化学農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロシアとウクライナ、紛争終結に向け協議(12/10)

仏のゼネスト、10日も継続へ 政府は年金改革断行の構え(12/10)

仏、米の報復関税巡りWTO提訴も辞さず(12/10)

欧州委、32億ユーロの電池研究補助を承認(12/10)

サノフィ、米バイオ企業シンソークスを買収(12/10)

ルノー、アルストムからCEO引き抜きか(12/09)

出版ラガルデール、デサロ会長が辞任(12/09)

仏貿易収支、10月は赤字縮小(12/09)

仏ストで交通まひ続く=10日にも大規模スト(12/09)

ルノー、仏電動車椅子メーカーに出資(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン