• 印刷する

VW、検察がCEOら起訴 排ガス不正絡み株式市場操作で

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題を巡り、北部ニーダーザクセン州ブラウンシュワイク(Braunschweig)の検察は24日、同社のヘルベルト・ディース最高経営責任者(CEO)と監査役理事会のハンスディーター・ペッチュ会長、マルティン・ウィンターコルン元CEOの3氏を起訴したと発表した。VWグループの取締役として、株式市場を不正に操作した疑い。

ブラウンシュワイクの検察は声明で、3氏は排ガス不正問題がVWグループの財務状態に及ぼす悪影響について、同社株主に開示することを意図的に遅らせたと主張。これにより、株価を不正に操作したとしている。上場企業の幹部は株価に関わる情報を速やかに投資家に開示する義務を持つ。

同検察は4月にも、ウィンターコルン元CEOと幹部4人を、「極めて重大な」不正への関与と競争法違反で起訴。有罪判決が下った場合、同氏は最長10年の懲役を言い渡される可能性がある。なお、起訴されたその他幹部4人の名前は明らかにされていない。

2015年9月に発覚した排ガス不正問題では、VWグループ全体で計1,100万台に違法ソフトウエアを搭載していたことを認めている。米国での訴訟費用などによるVWの損失額は300億ユーロ超に達している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、封鎖を再び3週間延長 段階的に規制緩和も進める(03/05)

ルフトハンザ、通期は過去最大の赤字(03/05)

自動車部品シェフラー、通期は31%減益(03/05)

EV充電設備、3カ月前から10%増加(03/05)

憲法擁護庁、右派AfDを監視対象に(03/05)

シーメンス・エナジー、GEによる提訴非難(03/05)

産業ガスのリンデ、インドネシアに新工場(03/05)

独政府、封鎖を3週間延長か 一部店舗などは営業再開の見通し(03/04)

新車登録台数、2月は19%減(03/04)

欧州委、独の脱石炭に向けた国家補助を調査(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン