• 印刷する

ドイツ銀、フィンテック企業の4.9%株取得

独金融最大手ドイツ銀行は19日、フィンテック(ITを活用した金融サービス)企業デポジット・ソリューションズの株式4.9%を取得したと発表した。デポジット・ソリューションズが顧客である銀行からの出資を受け入れるのは初めて。

フィナンシャル・タイムズによると、取引額は5,000万ユーロとみられ、これに基づくと同社の企業価値は10億ユーロを超える計算。これは昨年8月に1億ドルを調達した時点の2倍以上で、国内のフィンテック企業ではオンライン銀行N26に次ぐ規模となる。

デポジット・ソリューションズは2011年の設立。ハンブルクを拠点に欧州18カ国の100行を超える銀行を「デポジット・ソリューション・オープン・バンキング」のプラットフォームでつなぎ、リテール(小口金融)の顧客はここから有利な貯蓄商品を選べる。既に20万件近い顧客が利用し、140億ユーロを超える資金の貯蓄を仲介した。

ドイツ銀も2017年から同社の顧客となり、「Zinsmarkt」を通じてドイツ銀の預金者は他行の定期預金商品を利用し、これまでにその利用額は約20億ユーロに上る。同行は顧客が他行の商品を利用すれば、それに応じた手数料をデポジット・ソリューションズから受け取っている。

ドイツ銀はこのサービスを傘下の金融大手ポストバンクの顧客13万件や国外の顧客4万件にも広げることを計画している。これによりデポジット・ソリューションズは、顧客数を大幅に拡大できる可能性がある。ただし同社は、「今回の取引はドイツ銀による純粋な投資であり戦略的なものではない」として、同社のプラットフォームは特定の銀行を対象としたものではなく、開かれた中立的なものであることを強調している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ銀、サウジ取引で贈賄か 王族の資産運用契約に絡み(01/28)

Ifo企業景況感、1月は悪化(01/28)

決済ハイデルペイ、複数の競合買収を計画(01/28)

アウシュビッツ強制収容所、解放75周年(01/28)

EVイーゴー・モバイル、中国社と合弁か(01/28)

テスラCEO「独工場は水不足起こさない」(01/28)

VW、新型「ゴルフ」に音声制御の空調搭載(01/28)

総合電機シーメンス、印同業C&Sを買収(01/28)

化学BASF、シンガポールで農薬工場建設(01/28)

バイエル、除草剤巡り米で4件目の裁判開始(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン