ルクセンブルク、投資ファンドの規制強化も

ルクセンブルク金融監督委員会(CSSF)は、投資ファンドの流動性リスク管理規則の見直しを進めているもようだ。欧州各国で、有力投資ファンドや資産運用会社による償還停止が相次いでいるため。関係者の話を元に、フィナンシャルタイムズが9日伝えた。 投資ファンドを巡って…

関連国・地域: ルクセンブルク
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼A・ミタル、2050年までに炭素中立化へ(06/29)

アルセロール・ミタル、南アで人員整理へ(06/22)

A・ミタル、環境汚染巡り南アで罰金支払い(06/12)

A・ミタル、イルバの製鉄所で労組がストへ(06/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン