大鵬薬品、欧州で抗悪性腫瘍剤の新適応承認

大鵬薬品工業は6日、仏同業セルビエ(Servier)と開発や商業化で提携する抗悪性腫瘍剤「ロンサーフ(一般名:トリフルリジン・チピラシル塩酸塩)」について、欧州委員会から切除不能進行・再発胃がんへの適応で新たな承認を獲得したと発表した。 今回は「少なくとも2レジメンの…

関連国・地域: フランスEUアジア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

合意なき離脱の最悪シナリオ 暴動や食料品価格の上昇など(09/13)

ECBへの過剰期待と大規模緩和の功罪 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第15回(09/13)

EU、ハンガリーの道路建設に補助金(09/13)

欧州中銀、3年半ぶり利下げ 200億ユーロ規模の資産購入再開(09/13)

ユーロ圏鉱工業生産、7月は0.4%減少(09/13)

EU金融当局、英離脱のリスク分析を公表(09/13)

化学BASF、LIB再利用で仏2社と提携(09/13)

欧州司法裁、ロシアの独ガス導管利用を制限(09/12)

フォード、年内にEV8モデルを欧州に投入(09/12)

英政府、合意に向けEUや北アと交渉(09/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン