エールフランス機墜落事故、告訴棄却

2009年に仏航空大手エールフランスが運航する欧州航空・防衛最大手エアバスの「A330-200」機が大西洋に墜落した事故を巡り、仏裁判所は、両社に対する過失致死罪での告訴を棄却する判断を下した。操縦士のミスが事故の直接原因としている。ロイター通信などが5日伝えた。 事故を…

関連国・地域: フランス
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

エア・アラビア、エアバスに120機発注(11/20)

仏中銀、来年初めにシンガポールに拠点開設(11/20)

ミシュラン、タイのレストラン29店を認定(11/20)

仏トゥールーズ近郊でつり橋崩落、2人死亡(11/20)

エミレーツ航空、エアバスに50機を発注(11/19)

エア・リキード、中国社とFC開発で提携(11/19)

グループセブ、マで来年20%増収の見通し(11/19)

仏ペルノの営業員、社内の飲酒圧力を告発(11/19)

「黄色いベスト」が1周年、パリで再び激化(11/19)

失業率、第3四半期は8.3%に上昇(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン