ジョージアのバフタゼ首相、辞意を表明

ジョージア(グルジア)のバフタゼ首相が2日、辞意を表明した。同国首脳が辞任するのは、2012年以降で4人目となる。タス通信などが伝えた。 バフタゼ氏は2018年6月に首相に就任。以前は財務相を務めていた。同氏は辞任の理由について、「発展に向けた枠組みは出来上がったため…

関連国・地域: ジョージア
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

ジョージア議会、ガハリア新首相の就任承認(09/10)

ジョージアのバフタゼ首相、辞意を表明(09/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン