スペインで投薬ミス、乳児が毛むくじゃらに

スペインの乳児の間で、身体の各所に異常に多量の発毛が見られる通称「オオカミ男症候群(多毛症)」に似た症例が少なくとも17件報告されている。厚生・消費・社会福祉省によると、医薬品ラベルの貼り付けミスが原因という。BBC電子版などが28日伝えた。 子供たちの症状は、北…

関連国・地域: スペイン
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

ナバンティア、サウジ合弁とシステム契約(09/13)

カタルーニャ国民の日デモ、今年は規模縮小(09/13)

インディテックス、上半期は10%増益(09/12)

西、9万社に英の合意なき離脱の注意喚起(09/12)

通信テレフォニカ、5千人を整理へ(09/11)

西セルネックス、アイルランド同業を買収(09/11)

米ネットフリックス、トルコで事業免許申請(09/05)

サンチェス氏、信任獲得に向け政策案を公表(09/05)

スペイン失業者数、8月は増加(09/04)

スペイン新車登録、8月は30.8%減少(09/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン