ネスレ、マの第2四半期は5.6%減益

食品で世界最大手ネスレ(スイス)傘下のネスレ・マレーシアは、第2四半期(4~6月)の純利益が1億5,700万リンギ(3,700万ドル)となり、前年同期比5.6%減少したと発表した。マーケティング費用がかさんだほか、為替差損やコモディティー価格の上昇が響いた。 売上高は2%増…

関連国・地域: スイスアジア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

食品ネスレ、米アイス事業を合弁に売却(12/13)

ノバルティス、イスラエル社と開発契約終了(12/13)

クレディ・スイス、石炭火発への融資中止(12/12)

食品ネスレ、持続可能なカカオ生産に投資(12/12)

HSBC、脱税ほう助巡り米当局と和解(12/12)

CO2排出量、欧州最多10社に初の海運会社(12/11)

ロシュ、米バイオ医薬スパークのTOB延長(12/10)

スイス再保険、英部門をフェニックスに売却(12/09)

グレンコア、韓国SKにコバルトを長期供給(12/09)

スイスの世界最古の原発、稼働開始から50年(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン