ベルギー沖で移民の遺体=泳いで渡英試みか

ベルギー西部ゼーブルージュ(Zeebrugge)沖の風力発電所付近で、イラク系移民の男性の遺体が発見された。男性は英国を目指し、英仏海峡を泳いで渡ろうとしたとみられる。BBC電子版などが26日伝えた。 亡くなった男性は40代とみられ、指紋を照合した結果、ドイツで亡命申請を拒…

関連国・地域: 英国ドイツフランスベルギー
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

EU、コロンビアの冷凍ポテト関税で異議(10/15)

製薬UCB、米ラ・ファーマを買収(10/11)

インベブ、タタとホテルにビール醸造所設置(10/08)

インベブ、香港でアジア事業株を追加放出(10/04)

ブレグジット、企業のフランダース進出促進(10/04)

BASF、アントワープ工場の生産能力拡大(10/04)

ユミコア、韓国・LG化学と正極材供給契約(09/27)

仏で廃棄物削減に向けた法案の審議開始(09/26)

インベブ、アジア事業上場で50億ドル調達へ(09/25)

ABインベブ、ア太部門が30日に香港上場へ(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン