ベルギー沖で移民の遺体=泳いで渡英試みか

ベルギー西部ゼーブルージュ(Zeebrugge)沖の風力発電所付近で、イラク系移民の男性の遺体が発見された。男性は英国を目指し、英仏海峡を泳いで渡ろうとしたとみられる。BBC電子版などが26日伝えた。 亡くなった男性は40代とみられ、指紋を照合した結果、ドイツで亡命申請を拒…

関連国・地域: 英国ドイツフランスベルギー
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

OTP銀、スロバキア子会社を同業に売却(02/19)

エンジー、CEO辞任=エネルギー転換加速(02/10)

ブリュッセルの夜間飲酒禁止、100件弱摘発(02/05)

ベルギーで女が通行人刺す=2人負傷(02/04)

カタルーニャのプチデモン氏、寄付呼び掛け(01/30)

ベルギー前国王、DNA検査で隠し子認める(01/29)

アウディ、ブリュッセル工場で250人整理か(01/29)

アレゴ、ベルギーで充電設備1300基を設置へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン