ロシア、極東で浮体式原発の利用開始へ

ロシアの国営原子力企業ロスアトムが開発した浮体式原子力発電所「アカデミック・ロモノソフ」が、北極海に面する極東のチュクチ自治管区での運用開始に向けて、北西部ムルマンスクを出港した。電力系統から切り離された地域で電力を供給するための原発で、同社は小型原発として開…

関連国・地域: ロシアアジア米国アフリカ中南米
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

モスクワ、今冬は観測史上最も暖かく(02/26)

アルロサ、カラーダイヤで世界首位も(02/25)

ベトナム航空、ロシア便8路線を就航へ(02/25)

スバルバル諸島巡りノルウェーと露が衝突(02/24)

OPECプラス、会合前倒しなし=新型肺炎(02/21)

ロシアの失業率、1月は4.7%に悪化(02/21)

米、ベネズエラ政権支援でロスネフチに制裁(02/20)

ロシア、中国人の入国を当面禁止へ(02/20)

BMW、露の工場建設計画を取り下げ(02/14)

ロシアのインフレ率、1月は2.4%に減速(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン