ロシア、極東で浮体式原発の利用開始へ

ロシアの国営原子力企業ロスアトムが開発した浮体式原子力発電所「アカデミック・ロモノソフ」が、北極海に面する極東のチュクチ自治管区での運用開始に向けて、北西部ムルマンスクを出港した。電力系統から切り離された地域で電力を供給するための原発で、同社は小型原発として開…

関連国・地域: ロシアアジア米国アフリカ中南米
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

露中貿易高、2024年に2千億ドル目指す(09/19)

ロシア鉱工業生産、8月は2.9%増加(09/18)

コグニティブ、自動運転モジュール開発(09/17)

シベリア中部のアパートで火災、8人死亡(09/17)

EU、対露経済制裁をさらに6カ月延長(09/16)

日本航空、東京―モスクワ路線の空港変更(09/16)

欧州司法裁、ロシアの独ガス導管利用を制限(09/12)

ルクオイル、コンゴ沖鉱区の権益25%取得(09/12)

プーチン大統領、マレーシアの首相と会談(09/12)

ロシアのインフレ率、8月は4.3%に減速(09/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン