ボスニア唯一のアルミ製錬所、操業再開断念

ボスニア・ヘルツェゴビナで唯一のアルミニウム製錬所アルミニィ・モスタル(Aluminij Mostar)は、9月に予定していた操業再開を断念する見通しだ。資金不足が理由。経営陣の声明を元に、シーニュースが伝えた。 同社は電力料金の滞納が積もり、7月10日に生産を停止。同月に採択…

関連国・地域: ボスニアヘルツェゴビナ
関連業種: 鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

ボスニア唯一のアルミ製錬所、操業再開断念(08/23)

EU、ボスニアへの移民流入対策で追加支援(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン