ベレネ原発計画、ロシアや中韓が参画に関心

ブルガリアのエネルギー省は20日、同国北部のベレネ(Belene)原子力発電所の建設計画再開を巡り、ロシアや中国、韓国の企業など7者が戦略的投資家への関心を表明したと明らかにした。同省は、3カ月以内に候補者を選定し、来年5月までに最終的な決定を下す見通し。 それによる…

関連国・地域: ブルガリア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

ブルガリア首相、任期満了前に退任も(08/07)

クラリアント、ブルガリアで工場建設へ(08/03)

露ガスプロム、輸出用ガス導管が一部破損(07/29)

ソフィア空港の運営権、仏系企業連合に付与(07/24)

ブルガリア議会、内閣不信任案を否決(07/22)

ブルガリア首相、主要3閣僚に辞任要求(07/21)

ブルガリアのインフレ率、1.6%に加速(07/16)

ブルガリア、国営石油会社設立で法改正(07/14)

ブルガリアとクロアチア、ユーロ導入へ前進(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン