オランダ、住民出資の農場が環境対策に一役

地域住民が出資して運営する集団農場が、気候変動対策の一環としてオランダで注目を集めている。南部の北ブラバント州ボクステル(Boxtel)では、地元の家族約200組が参加して一定の成果を挙げており、国内2カ所目の集団農場も近く中部で始動する予定だ。AFP通信が19日伝えた。…

関連国・地域: オランダ
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スキポール空港でKLM地上職員が再びスト(09/19)

オランダ政府、多国籍企業への税控除廃止(09/13)

NXP、中国・北汽とデジタル化などで提携(09/13)

南アのナスパーズ、アムスでネット事業上場(09/12)

蘭裁判所「患者を安楽死させた医師は無罪」(09/12)

台湾社、蘭で粉ミルクの生産拡大(09/11)

オランダ南西部で銃撃事件、4人死亡(09/11)

蘭政府、21都市でV2Gスタンド導入へ(09/10)

英企業の対蘭投資、EU離脱決定後に急増(09/10)

トムトム、初の自動運転テスト車両を発表(09/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン